韓国では2021年9月より、電子旅行許可(Electronic Travel Authorization)を本格的に導入する予定です(※5月〜8月の期間は試験施行)。ETAは査証免除国の国籍を持つ者が観光で渡航する場合、事前にWeb上で個人や旅行情報などを申請し、旅行許可を受けるシステムです。これにより、入国書類の提出が免除され、入国手続きもスムーズになります。アメリカのESTAやオーストラリアのETAと同様の仕組みです。
今後、韓国行きの航空券や乗船券の発券は、ETA承認後となるので、ご注意ください(※2021年5月現在、新型コロナウイルスの影響で、日本人に対する査証免除は暫定停止中)。

☆詳細は、駐日本大韓民国大使館のHPでご確認ください▶︎こちらをクリック