機張市場

◇機張市場(キジャンシジャン) 기장시장◇

テゲ(タラバガニ、ズワイガニ)のグルメスポット「機張市場」。ここは1944年に開場された歴史ある市場で、韓国で最初にフェセンター(刺身センター)が設置されたことでも知られています。
市場は放射状に広がり、その中心部にテゲ料理専門店が密集、店先からは客寄せの声がにぎやかに飛び交います。日本人観光客も多いため、多くの店で日本語が通じます。
市場を彩るカラフルなパラソルの下では、アジメ(釜山の方言で、おばさんの意味)たちが、機張名物のミヨク(ワカメ)やタシマ(昆布)、釜山の旬の味、カルチ(太刀魚)やコドゥンオ(サバ)、コッケ(ワタリガニ)などを販売。果物や野菜などの農産物も豊富にそろっているので、近所の主婦が日常的に買い物に訪れます。おみやげには、機張名物のミョルチチョッカル(イワシの塩辛)もおすすめです。また、トッポギ、オムク 、ティギムなどの市場グルメも楽しめます。
◉アクセス/東海線機張駅より徒歩約5分。市内バス1003番利用、機張市場下車すぐ

☆機張市場といえば、やっぱりテゲ
☆機張名物のミヨクやタシマの露店
☆量り売り(容器入り)のミョルチチョッカル