フェ

◇ フェ 회 ◇

港町自慢の新鮮な海鮮類。釜山では「フェ」(刺身)も観光客に人気のメニューです。
刺身といえば、チャガルチ 市場、影島の海女村、広安里の民楽刺身センター、尾浦、機張の大辺港などが有名ですが、西面や温泉場、海雲台、南浦洞などの街中にも刺身専門店がそろっています。また、在来市場でも刺身を出す食堂を目にします。
刺身はトミ(鯛)やクァンオ(ヒラメ)などが一般的で、そこにポッ(フグ)やチョンボク(アワビ)も続きます。また、ニョロニョロ動くサンナッチ(手長ダコ)、市場で「これは何?」と観光客が足を止める珍味のケブル(ユムシ)、そして、コレコギ(鯨)なども釜山ならではの刺身といえます。
ちなみに刺身はコチュジャンベースのタレをつけ、サンチュやケンニプで巻いて食べますが、醤油やワサビも置いてあります。また、日式(日本式)刺身店も多く、こだわりの生ワサビや日本製の醤油を出すところもみかけます。

☆フェ数種セット
☆フェ盛り合わせ
☆コレコギ盛り合わせ