釜山博物館

◇ 釜山博物館(プサンパンムルクァン) 부산박물관 ◇

1978年に開館し、2002年には改築を行なった「釜山博物館」
ここでは、先史時代から現代までの釜山の歴史と文化を伝える文化財を所蔵、展示しています。その数は、釜山と近隣地域から出土した発掘埋蔵文化財を含めて32,000点以上。永泰二年銘蝋石製舎利壷(国宝第233号)、約條制札碑(釜山広域市指定記念物第17号)、東莱南文碑(釜山広域市指定記念物第21号)、李徳成肖像及び関連遺物一括(宝物第1501号)など、見る価値があるものが多数そろっています。庭園には、約條制札碑や東莱南文碑を含む、40点以上の石造物を野外展示しています。
釜山博物館では、常設展示のほか、年に数回、企画展示を開催。そして、年に一度、国際交流展も行なっています。また、文化体験館では、拓本体験、韓服試着体験、茶道体験などのプログラムを実施。どれも韓国の文化にふれられる内容とあり、外国人ツーリストにも好評です。
なお、釜山博物館に隣接し、世界唯一の国連墓地「在韓国連記念公園」があります。

☆釜山博物館正門(写真/イ・グンチュン)

DATA

公式HP ▶︎クリック
☎︎051-610-7111
住/釜山広域市南区UN平和路洛63
営/10:00〜18:00
休/月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日)、1月1日
料/無料
交/地下鉄2号線大淵駅(3番出口)より徒歩約10分
※体験プログラムは一部有料、一部要予約(詳細はHPにて)


◉出典/釜山博物館HP、南区HP